シマノ用 ラインローラー2BB仕様チューニングキット [Ver.2]

シマノ用 ラインローラー2BB仕様チューニングキット [Ver.2]

販売価格: 2,560円~3,300円(税別)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

ベアリングの種類:
数量:

【プロダクトコンセプト】

※販売商品はチューニングキットです、リール本体ではございません。
※ベアリングの種類を選ぶと、それぞれの販売価格が表示されます。

ベアリングの種類

SHGプレミアムベアリング
回転性能を重視した、トーナメントスペックの高感度ベアリング。

HRCB防錆ベアリング
腐食に強い新素材を採用した、最高の防錆・耐久性能を誇るソルトウォーター対応ベアリング。

(ベアリングの選び方)
トラウト・バスなどの淡水魚や高感度重視のライトルアーにはSHGプレミアムベアリング。ソルト全般のあらゆる海水魚にはHRCB防錆ベアリングがおすすめです。※SHGもソルト使用可能ですが、耐久性を重視するならHRCBが最適です。

MAXBBフルベアリングチューニングキットは、市販の状態から最大装着数までBBを追加できる、『各種専用ベアリング・専用パーツ類・説明書』がフルセットになったチューニングキットです。ビギナーの方にオススメ!必要な物はすべて揃えてお送りします。※ドライバーやペンチ等の簡易工具はご用意下さい。


【チューニングキットの内容】

(チューニングメニュー)
・ラインローラー2BB仕様ベアリングチューン

(内容物)
・ラインローラー用BB (SHG-740ZZ or HRCB-740ZHi)×2個
・ローラーブッシュ×2個
・ローラーワッシャーA (0.2mm : 薄いタイプ)×3個
・ローラーワッシャーB (0.8mm : 厚いタイプ)×1個
・チューニング説明書

通常1BB仕様のラインローラーを、ステラなどに採用されている2BB仕様に変更するチューンです。

ラインローラーの両側をベアリングで支持するため、回転のブレが少なく、糸フケの巻き取り時など、ほとんどラインにテンションがかかっていない状態でも、しっかりとベアリングが回転し、ラインローラーが仕事をしてくれます。

回転の悪いラインローラーは、リトリーブの感度を妨げるのはもちろん、無用な糸ヨレを発生しバックラッシュの原因となりますのでメンテナンス・チューニングがオススメです。


【対応機種】

・11ツインパワー
(1000S,1000PGS,C2000S,C2000HGS,2000S,2500,2500S,C3000,C3000SDH,C3000HG,4000,4000XG)

・13ヴァンキッシュ リミテッドエディション
(C2000HGS,2500HGS,C3000HGSDH,4000XG)
・12ヴァンキッシュ
(1000S,C2000S,C2000HGS,2000S,C2500HGS,2500S,2500HGS,C3000,C3000HG,C3000SDH,4000,4000XG)

・13-14-15 AR-C エアロ CI4+
(C3000HG,4000,4000XG,5000XG)
・14-15 AR-C エアロ BB
(C3000HG,4000,4000HG,5000HG)

・13ソアレCI4+
(C2000PGSS,2000HGS)
・13ソアレBB
(C2000PGSS,2000HGS)

・14エクスセンスBB
(C3000M, C3000HGM, 4000HGM)
・12エクスセンスCI4+
(C3000M,C3000HGM,4000S,4000XGS)
・11エクスセンスBB
(C3000M,C3000HGM,4000S,4000HGS)

・15セフィアSS
(C3000S,C3000HGS,C3000SDH,C3000HGSDH)
・13セフィアBB
(C3000S,C3000HGS,C3000SDH,C3000HGSDH)
・12セフィアCI4+
(C3000S,C3000HGS,C3000SDH,C3000HGSDH)

・12カーディフCI4+
(C2000SS,C2000HGS)

・12アルテグラ
(1000,1000S,C2000S,C2000HGS,2500,2500S,C3000HG,C3000SDH,4000HG)

・13コンプレックスCI4+
(2500S F4 ,2500S F6 ,2500HGS F4 ,2500HGS F6)
・12コンプレックスBB
(2500HGS F4 ,2500HGS F6 ,2500S F4 ,2500S F6 )

・12レアニウムCI4+
(1000S,C2000S,C2000HGS,2500,2500S,C3000,C3000HG,4000XG)

・13ナスキー
(1000S,C2000,C2000HGS,2500,2500S,C3000,C3000HG,C3000SDH,4000HG,C5000)

・13バイオマスターSW
(4000XG,4000HG,5000XG,5000PG)
※8000HG,8000PG,10000HGにはご使用できません。
・11バイオマスター
(1000S,C2000S,C2000HGS,2000S,2500,2500S,C3000,C3000SDH,C3000HG,4000,4000HG,C5000)
※6000,8000にはご使用できません。
・10バイオマスターSW
(4000PG,4000XG)
※6000HG,6000PG,8000HG,8000PGにはご使用できません。


【取り付け方法】

15セフィアSSをベースに説明します。



ラインローラーを分解していきます。




ラインローラー部を固定しているネジを取り外します。




上列に並んでいるのが純正パーツです。これらの内、囲まれたパーツをそれぞれ2BBチューニングキットに付属するパーツと組み替えていきます。




ラインローラーには厳密に向きがあります。外す際に元々の向きを確認しておいてください。多くは幅の広いほうがビスの頭側になります。




ラインローラーの左側には、付属パーツのローラーワッシャーA (0.2mm:薄いタイプ)×2、ベアリング×1、ローラーブッシュ×1を用います。




ラインローラーの右側には、付属パーツのローラーワッシャーB(0.8mm:厚いタイプ)×1、ローラブッシュ×1,ベアリング×1,ローラーワッシャーA(0.2mm:薄いタイプ)×1,ラインローラー受け(純正パーツを用います。




では、パーツを組み込んでいきます。まず、アームカムに純正パーツのゴムリングを取り付けます。非常に小さいパーツですので、分解時も組み付け時も紛失にご注意ください。




続いて純正パーツのラインローラー受けを組み込みます。こちらのパーツは、はめ合わせにご注意ください。





ラインローラーにあらかじめベアリングを取り付けておくと後の作業がしやすくなります。取り付けるパーツは左側から、ベアリング・ローラーブッシュ・ラインローラー本体・ローラーワッシャーB(0.8mm:厚いタイプ)・ローラーブッシュ・ベアリングの順番になります。





アーム固定軸をアーム部に取り付けます。このパーツもはめ合わせがありますのでご注意ください。




続いてローラーワッシャーA(0.2mm:薄いタイプ)を2枚取り付けます。




先ほど組み立てたラインローラー本体を取り付けます。ラインローラーの向きにご注意ください。




ローラーワッシャーA(0.2m:薄いタイプ)を1枚取り付けます。





ここまででパーツの組み込みは終了です。次はアームカムを元に戻します。この時、パーツにはめ合わせがあることと、アームカムがバネの力で勢いよく戻ることがありますので、必ず指で押さえながらゆっくりと戻していってください。




最後にネジを締めて固定し、ラインローラーを回して問題なく回転していれば作業完了です。