シマノ用 ラインローラー1BB仕様チューニングキット [A-TYPE]

シマノ用 ラインローラー1BB仕様チューニングキット [A-TYPE]

販売価格: 1,120円~1,490円(税別)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

ベアリングの種類:
数量:

【プロダクトコンセプト】

※販売商品はチューニングキットです、リール本体ではございません。
※ベアリングの種類を選ぶと、それぞれの販売価格が表示されます。

ベアリングの種類

SHGプレミアムベアリング
回転性能を重視した、トーナメントスペックの高感度ベアリング。

HRCB防錆ベアリング
腐食に強い新素材を採用した、最高の防錆・耐久性能を誇るソルトウォーター対応ベアリング。

(ベアリングの選び方)
トラウト・バスなどの淡水魚や高感度重視のライトルアーにはSHGプレミアムベアリング。ソルト全般のあらゆる海水魚にはHRCB防錆ベアリングがおすすめです。※SHGもソルト使用可能ですが、耐久性を重視するならHRCBが最適です。

MAXBBフルベアリングチューニングキットは、市販の状態から最大装着数までBBを追加できる、『各種専用ベアリング・専用パーツ類・説明書』がフルセットになったチューニングキットです。ビギナーの方にオススメ!必要な物はすべて揃えてお送りします。※ドライバーやペンチ等の簡易工具はご用意下さい。


【チューニングキットの内容】

(チューニングメニュー)
・ラインローラー1BB仕様ベアリングチューン

(内容物)
・ラインローラー用BB (SHG-740ZZ or HRCB-740ZHi)×1個
・ローラーブッシュ (1BB用)×1個
・ローラースペーサー ×1個
・チューニング説明書




対応機種リールのラインローラーは純正ですとベアリングがひとつも入っておりませんので、新たにベアリングを1個追加して1BB仕様のラインローラーにすることが可能です。
(これらのリールは構造的にラインローラーにベアリングを2個入れることができないため、1BB仕様のみとなります。)

ラインローラーの回転が良くなると糸ヨレが発生しにくくなりますので、糸のしなやかさが保たれ、耐久性や飛距離も向上します。


【対応機種】

・16エアノス
( 1000, 2000, 2500, C3000 )
・12エアノスXT
( 1000, 1000S, 2000, 2500, 2500S, C3000, C3000SDH )
・09エアノスXT
( 1000, 1000S, 2000, 2500, 2500S, 2500SDH, C3000 )
・05エアノスXT
( 1000, 2000, 2500, 2500S, 2500D, C3000 )
・06エアノスXTL
( 2500A, C3000A )
・12エアノス
( 1000, 2000, 2500, 2500S, C3000 )
・09エアノス
( 1000, 2000, 2500, 2500S, 2500SDH, C3000 )
・05エアノス
( 1000, 2000, 2500, C3000 )
※各年代ともに4000番以上は取付不可。

・19シエナ
( 1000, 2000, 2500, C3000, 4000 )

・19エフエックス [FX]
( 1000, 2000, 2500, C3000, 4000 )

・18ネクサーブ
( 1000, C2000S, C2000SHG, 2500, 2500HG, 2500S, C3000, C3000HG, C3000DH )
※各年代ともに4000番以上は取付不可。

・18セドナ
( 500 )
・15セドナ
( 1000, 1000S, 2000, 2500, 2500S, 2500S PE, C3000, C3000SDH, C3000HG )
※各年代ともに4000番以上は取付不可。

・18サハラ
( 500 )

・11アリビオ
( 1000, 2000, 2500, C3000 )
・05アリビオ
( 1000, 2000, 2500, C3000 )
※各年代ともに4000番以上は取付不可。

・09アオリスタBB
( 2500, C3000 )
※各年代ともに4000番以上は取付不可。


【取り付け方法】

※15セドナを例にして説明をしています。



まず、ネジを緩めラインローラー内部のパーツを取り出します。



ラインローラーベアリング

純正パーツの赤枠で囲ったパーツをオレンジで囲ったカスタムパーツと入れ替えます。




まず最初にベアリングをローラーブッシュ内に取り付けます。




次にラインローラー本体を取り付けます。この時取り付ける向きに注意してください。写真の向きで取り付けます。




ラインローラーからローラーブッシュが少し飛び出しますので、その部分に純正リングをぴったりと隙間なくはめてください。純正リングを取り付ける時は若干きつめですが、「パチン」という感じでぴったりとブッシュに連結させることが出来ます。




ラインローラー本体とローラースペーサーをリールに取り付けます。




最後にネジを締めて固定し、ラインローラーが問題なく回転すれば作業完了です。