【Avail/アベイル】シマノ 16メタニウムMGL用 マイクロキャストスプール【MT1620RI, MT1636RI, MT1670R】

【Avail/アベイル】シマノ 16メタニウムMGL用 マイクロキャストスプール【MT1620RI, MT1636RI, MT1670R】

販売価格: 10,000円(税別)

タイプ:
カラー:
数量:

■モデル名
Microcast Spool MT1620RI (溝深さ2.0mm)
Microcast Spool MT1636RI (溝深さ3.6mm)
Microcast Spool MT1670R (溝深さ7.0mm)


■商品紹介



リール:16メタニウムMGL XG RIGHT
リールに装着済みのAvail製品
Microcast Spool MT1620RI パープル
MicrocastBrake ALD15
ヘキサゴナルスタードラグ2 パープル
オフセットハンドルLT 90mm ブラック
シマノ用ハンドルナットM7 ブラック
16メタニウムMGL用メカニカルブレーキノブ パープル
ウッド平ノブ サントスローズウッド
GMノブキャップ ツバなし パープル

シマノ 16メタニウムMGL用マイクロキャストスプールです。
16メタニウムMGLはパーミングのしやすいデザインと、軽量な自重によりオールマイティに活躍するリールです。
リールの使用目的も幅広いため、専用スプールも3種類をラインナップしました。
浅溝タイプのMT1620RIはベイトフィネス専用リールで扱うような軽量リグを正確にアプローチしたり、シャッドや小型クランクの早巻きをする際にベイトフィネス専用の小径スプールに比べて速いスピードでリトリーブが可能で、より手返し良く釣りが展開出来ます。
中間の溝深さとなるMT1636RIはミディアムライト〜ヘビークラスのタックルに柔軟に対応するオールマイティなスプールです。
巻くラインの太さに応じて軽量ルアーから重めのルアーまで高い次元で使用可能です。

深溝タイプのMT1670Rはビッグサイズ狙いやパワフルなリバーバス攻略に。
また陸っぱりからの大遠投に不可欠な太ラインを充分ストックできるキャパシティです。
太いラインでヘビーカバーへテンポ良く打ち込んでいくフリッピングにもお勧めです。

MT1620RIとMT1636RIのブレーキシステムは「マグネットブレーキ」または、「純正SVSインフィニティを移植」、のどちらかを選んでご使用下さい。

MT1670Rは「遠心ブレーキ専用」となりますので、純正のSVSインフィニティを移植してご使用下さい。


■カラーバリエーション(各溝深さ共通)



ブラック



レッド



パープル



スカイブルー



シャンパンゴールド


■スペック

・基本仕様
(材質)
スプール部分:超々ジュラルミン(アルマイト加工により着色)
シャフト部分:ステンレススチール

(主要サイズ)
Microcast Spool MT1620RI 溝深さ:2.0mm
Microcast Spool MT1636RI 溝深さ:3.6mm
Microcast Spool MT1670R 溝深さ:7.0mm

(適合リール) 
16メタニウムMGL LEFT/RIGT
16メタニウムMGL HG LEFT/RIGT
16メタニウムMGL XG LEFT/RIGT


■重量について

(スプール) (重量)
Microcast Spool MT1620RI 11.4g
Microcast Spool MT1636RI 11.8g
Microcast Spool MT1670R 11.8g
16メタニウムMGL純正スプール 11.8g

※純正スプール、弊社製スプール共に、SVSのない状態で測定したものです。
SVSインフィニティ、ブレーキユニットの重量は2.6gです。


■ラインキャパシティ

スプール MT1620RI
8Lb φ0.235mm 45m
10Lb φ0.260mm 40m

スプール MT1636RI
12Lb φ0.285mm 60m
14Lb φ0.310mm 50m

スプール MT1670R
16Lb φ0.330mm 95m
20Lb φ0.370mm 70m

山豊テグス(株)様のフロロカーボンライン(フロロバリュースター)を使用して計測。


■ご使用時の注意点

スプールリムを用いてサミングをしますと、摩擦によりアルマイトが剥がれるおそれがあります。
特にサミングはスプールの糸巻き面で行ってください。
スプールにラインを巻く際、テンションを強くかけ過ぎると破損の原因となります。
特にナイロンラインのような伸びのあるラインを巻く際には、テンションをゆるめに巻いてご使用下さい。


■付属品



スプール軸にOリングが付属します。
マグネットブレーキを使用する場合は、そのままご使用下さい。
Oリングの位置が分かりやすいよう緑色に色を付けています。



スプール軸にOリングが付属します。
SVSインフィニティを移植して使用する場合は、写真の様にOリングを取り付けてご使用下さい。
Oリングの位置が分かりやすいよう緑色に色を付けています。


■ブレーキシステムについて



MT1620RIとMT1636RIはスプール内壁にブレーキディスクを装備していますので、マグネットブレーキまたは遠心ブレーキ(同時装着は不可)に適合します。
お好みで選択してご使用ください。



MT1670Rはブレーキディスクを装備していませんので、遠心ブレーキ専用となります。
純正のブレーキユニットを移植してご使用下さい。


■マグネットブレーキの取り付け方法

マグネットブレーキは、外部ダイヤルを6にした時にスプールに接触しない位置に調整してご使用下さい。
シマノリールの外部ダイヤルは、SVSインフィニティがよどみなく機能するために作られていますが、当然アベイル製マグネットブレーキでの機能を考慮しておりません。
そのため、正しく調整した際にもブレーキ目盛りの1や2の時にはほとんどブレーキが効かない状態となりますが、不良ではありません。
ブレーキの効く範囲内で調整してご使用下さい。
リール本体に取り付ける際、マグネット固定部分のねじは最後までねじ込んだ状態ではベアリング受けに接触し、取付けが出来ません。
また、正常に取り付けた際にも、マグネット固定部分を一番奥までねじ込むことは出来ません。



リール本体からサイドカバーを取り外し、フレームB受ケ組の3箇所に付いている固定ボルトを取り外します。



ダイヤル中央の固定ボルトを取り外し、ブレーキダイヤルとブレーキパイプギアを取り外します。
ブレーキパイプギヤのツメが螺旋状の切れ込みに引っ掛かっているので、外れない場合は左右に回してブレーキパイプギヤを取り外して下さい。



マグネットブレーキの内側に2箇所のツメがあります。
ツメをフレーム受けBの切れ目に入れてねじ込んで下さい。
一番奥までねじ込みます。



外部ダイヤルの4が写真の位置に来るように、ダイヤルを取り付けます。
この時点で固定ボルトでダイヤルを固定します。



ここまで来れば、後は組み立てるだけです。
フレームB受ケ組の3箇所を固定ボルトで固定します。



組み立てが終わったら、ブレーキの調整をします。
外部ダイヤルを1の状態でメカニカルブレーキを調整します。
メカニカルブレーキはスプールを組み込んだ状態で、左右にカタカタしなくなったところから僅かに緩めた状態に調整します。



メカニカルブレーキの調整が終ったら、外部ダイヤルを6に設定します。
この時点でブレーキがスプールに接触する場合は、ブレーキのマグネットを締め込み、スプールから離します。
接触しない場合は、接触するギリギリまでマグネットをゆるめ、スプールに近づけます。
16メタニウムMGLシリーズの場合、マグネット部を取り外した状態から、7回転ほどねじ込んだ状態が目安となります。

※写真はブレーキとスプールの位置関係が分かりやすいよう、15アルデバラン50、MicrocastSpool ALD1518TRを使用しています。
この状態をイメージして、ブレーキの調整を行って下さい。