【TRANSCENDENCE/トランスセンデンス】 Pulchra62B / プルクラ62B

【TRANSCENDENCE/トランスセンデンス】 Pulchra62B / プルクラ62B

販売価格: 50,000円(税別)

在庫あり
数量:



Pulchra62BはLateBloomings510+(LB510)の良いところはそのままに、感度と操作性、キャストフィールをさらにブラッシュアップさせたLB510のライトモデルとして開発されました。

バーサタイルロッド。
多くのシチュエーションで使える汎用性の高いロッドを指す言葉です。
TRANSCENDENCEもマルチピースロッド(パックロッド)におけるバーサタイルロッドの形を求め続けてきました。

これまで多くのバーサタイルロッドを使ってきましたが、バーサタイルロッドのバーサタイル性能には限界がありました。
理由は単純です。
ロッドには長さやパワーが決まっており、いくら汎用性が高いと言っても拡張性能に限界があったのです。

トランスセンデンスが提唱する長さが可変する” TRANS system(トランスシステム)“はそのバーサタイルロッドに拡張性を持たせ進化させました。
トランスシステムは1本のロッドの長さとブランクの特性を状況によって変えられるシステムです。

木が覆いかぶさる小場所では短くシャープに振りたい。
沖のポイントを撃つ時には長いロッドでロングキャストしたい。
軽快なルアーをテンポよく撃ち込むこともあれば、重いルアーを正確に投げ込みたいときもある、それが1本の竿で出来ればどんなに便利なことか。
それを実現したのがPulchra62Bです。

Pulchra62Bは国内、海外、オカッパリ、ボート、川、湖、海あらゆる状況で小さなルアーから少し大きなルアーまでを投げて、超ハイスピードでもデッドスローでも操作性の高さや感度を最大限に感じられるロッドに仕上がりました。

バスロッド感覚で言うとティップはMLクラスなのにバットはH〜XHクラス。
類似するアクションを見つけることが出来ない、TRANSCENDENCEのmD2conceptに基づき独自のセッティングに仕上げました。
どこにでも持っていける仕舞寸法525mmというコンパクトロッドでありながら過去のパックロッドとは一線を画する完成度です。

究極のバーサタイルロッドとして自信を持って世に送り出せる理由はシンプルです。
徹底した現場でのテストにあります。
春夏秋冬、毎日水辺に立ち、国内外数百匹の魚たちにロッドの創り方を教えてもらいました。
強烈な引きを持つ海外の魚でファイトのパワーや快適さを追求し、トーマンの呼吸撃ちでピンスポット精度を追求、堤防の青物では遠投性、スプーンでのカラフトマスではキスバイトを掛けるティップの柔軟性、バレやすいシーバスのエラ洗いに追従するベリー、冬の琵琶湖のバスではフロロラインでの繊細なアタリをとるガイドセッティングとティップを有するブランクスに仕上がっています。

軽く、強く、曲がるのに高い復元力を持つ4軸高弾性カーボンと、徹底した現場主義によって生まれたスーパーバーサタイルロッド。
それがPulchra62B(プルクラ62)です。




> PC62B 6.2ft ver ( PC#1+PC#2+PC#3+ PC-Grip)

国内外のボートキャスティングゲーム、小場所でのピンスポットキャスト、積極的に動かすトップウォーター・ミノーゲーム、東京湾のシーバスジギングに代表されるライトバーチカルゲーム、ライトロックフィッシュ。

これらの釣りに適合するのが6.2ft verです。
クランクやスピナーベイトのただ巻き、ミノーのトゥイッチ、ペンシルのドッグウォーク、軽量スピナーの高速巻き、ライトテキサス、ヘビーダウンショットリグなどを軽快に操作する事が出来ます。

スペック上ではなく現場で実際に使用する際の軽快さにこだわり、バランスと素材を徹底的に追及しました。
持った瞬間に”軽い!“と驚くのと同時にマルチピースであることを疑っていただけるのではないかと思います。
1日中振り続けても疲れない設計。

キャストはシングルハンドでもダブルハンドでもこなすことができ、少しの負荷できっちり曲がります。
非力な人でも体の中心線からブレずにキャストできるのでキャストアキュラシーは最高クラスと言えます。
アクションも同様で軽く、ティップがきっちり入ってくれるので意のままにルアーを操れます。
繊細なティップはバイト時にも有効で、足元でのバイトなどフックアップし辛いバイトもノセてしまう力があります。
ただ柔らかいだけでなくロッドベリーは適度な張りがあるため、少しの力でアワセてもフッキングが決まるのです。

また、軽快な使用感からは想像もつかないリフトパワーも特筆すべき点です。
強烈なファイトを見せるトーマン類の魚でさえロッドの復元力のみでオートマチックに魚を浮かせることが出来ます。
バットがきっちり残るのが特徴で、強烈な引きに対してもバットが必要以上に追従せず耐えることが出来るので無駄に魚を走らせません。
バットから曲がる竿はストライクの瞬間走る魚に対して、ブッシュに逃げ込めるだけのダッシュを許してしまうので、貴重な魚を逃してしまう要因になります。
かつて悔しい思いを経験してきたからこそ、この部分は譲れませんでした。

対してティップやベリーは負荷に対して素直に追従するので、エラ洗いなどのバレに繋がるテンションが抜けるアクションに対しても竿を曲げたまま対応することが出来ます。
追従するティップと張りのあるベリー、強靭なバットの絶妙なバランスがプPulchra62Bの真髄です。
なおPulchra62Bの出荷時には後述する7.3ft Verの使用も考慮し、手前重心に設計されています。

ボートのゲームでは気持ち、前方に重心があったほうがトゥイッチやジャークなどのアクションがし易くなるため、そのようなシチュエーションではバランサーウェイトのシンカーを1つか2つ抜いてあげるとよいでしょう。
プルクラのグリップエンドはウェイトを自由に調整可能なバランサーウェイトが採用されているので、リールの重量などにも合わせて、好みのバランスを見つけてください。
(Fuji製バランサーウエイトEWBC採用)




> PC73B 7.3ft ver ( PC#1+PC#2+PC#3+PC#4+ PC-Grip)

オカッパリシーバスでのストラクチャー攻め、琵琶湖などのビッグレイクのバスフィッシングをはじめ、手前が浅くショートロッドでは糸が触れるポイント、トーマンの呼吸撃ちなど、ふいに訪れるロングキャストが必要となる場面。これらのシチュエーションやこれらの釣りに適合するのが7.3ft Verです。

繊細なティップや、張りがありながらも追従するベリーは健在ですが、強いブランクスパーツを1本追加することで長さだけでなくロッドの性質もガラっと変わります。
強靭なバットセクションが延長されるのでオカッパリで足元に障害物があり走られたくないような状況で無類の強さを発揮します。
またバットが長くなった分、胴でルアーを背負えるので重いルアーへのキャストもしやすくなります。

Pulchra62Bの推薦ルアーウェイトはフルキャストを想定しているので5〜28gとしていますが、現場で少し重めの35gほどのルアーを扱ったりする場面では6.2ft Verよりもこの7.3ft verが扱いやすいでしょう。
メーカーとして推奨はしませんが、7.3ft verの特殊な使い方として、2.5オンス(70g)くらいまでのビッグベイトを使用する方法があります。
キャスティングにコツがあり、ビッグベイトのキャストに慣れていない方には絶対真似してほしくはないのですが(クイックなキャストは厳禁です)、キャストに難しさを踏まえたうえで、ティップがMLクラスのロッドでビッグベイトを扱えるメリットというのは、ビッグベイトをやりこんでいるアングラーには理解していただけるでしょう。

また、この7.3ft verのテストで最も力を入れたのは冬のバス釣りにおける感度の高さです。
冬のバス釣りなどにおける繊細な釣りは今までの常識においてマルチピースロッドは向かないとされていました。
スーパーバーサタイルロッドを目指すプルクラ62Bは海外でのハイスピードゲームだけでなく、ラインテンションを極限まで抜いた、デッドスローとよばれる対極にある釣りにも対応しなければならないと考えます。
そのためPEだけでなくフロロカーボンやナイロンラインがガイドを叩くだけの繊細な振動をとれる絶妙なガイドセッティングに仕上げました。
もちろんそれは他の釣りにも有効で、ボトム感度が重要な軽量シンカーを用いた小型のロックフィッシュゲームなどでも高い感度で釣りができるロッドに仕上がっています。


■ブランクス

プルクラ62+は高弾性4軸ブランクスを使用しています。
”高弾性ブランクスは感度はいいけど張りがありすぎて折れやすい…“というイメージは過去のものです。

最新の技術では高弾性なのにキチンと曲がる、そんなブランクスが存在します。
高弾性で曲がるブランクス、これにデメリットは正直見当たりません。
かつて中低弾性のロッドが主流になっていた、巻物や積極的に動かすハードプラグにおいても、ティップとベリーがきっちり曲がるため、アクションもつけやすく、浅いバイトも弾くことがありません。
それどころか高弾性であるため曲がった後、元の形状に戻ろうとする復元力は強く働きます。
バイトは弾かずに復元力でオートマチックに掛けるという芸当が可能になるのです。

またキャスト時も同じで、ルアーのウエイトやロッドの振りで、きちっと曲がりますが、復元力が強いためブランクスが自動的にルアーを飛ばしてくれます。
当然ロッドの振り切った後のブレの収束も速いため、アキュラシーが向上します。
現場感覚でいえばキャストもフッキングもとても楽になります。
また、高弾性ブランクスは負荷がかかるまではシャキッとしているため軽いウェイトのソフトベイトを操作する時の感度も非常に高いです。
重いウェイトのボトムパンピングやヘビーカバーでの使用はお勧めできませんが、ノーシンカーやライトテキサス、ネイルリグの扱いやすさと操作性、感度の高さには驚いていただけるかと思います。

高弾性ブランクス特有の復元力はファイト時にも大きな仕事をしてくれます。
竿自体が曲がった状態から元の形状に戻ろうとする力が強く働くため、ポンピングなどのアクションを入れなくても竿をきっちり曲げて保つだけで、魚をオートマチックに浮かせることができます。
ロッドの角度を保ったままリールのハンドルを巻くだけでファイトが成立してしまうのです。
魚を掛けた瞬間、“このロッド楽だな”と思っていただけるはずです。

一例として琵琶湖のロクマルバスはハンドルを巻くだけのファイトで10秒かからず仕留めることもありました。
その一方で、海外のカリマンタン島やアマゾンガイアナで徹底テストを行ったのでブランクス破断強度の高さも特徴です。
きちんと適性の負荷で曲げれば想像以上に大きな魚をキャッチすることが出来ます。
テスターの沖山氏はワニまでキャッチしていました。

ただ、もちろんのこと巨大すぎる魚や生き物は想定外なので、常識の範囲でその強さを活かしていただければと思います。
例としては8キロを超えるパプアンバスなどの魚にはLatebloomings510+を使って下さい。


■パワー・アクション

アクションは気持ちファースト寄りのミディアムテーパーと表現します。
パワーについてはティップがML、ベリーはM、バットがH〜XHというイメージです。

既存のテーパーやパワーで表すことがとても難しい設計になっています。
全く新しいパワー、アクション感覚と言ってよいでしょう。
これはブランクスパーツそれぞれに仕事を持たせることのできるマルチピースだからこそ実現したパワー・アクションであり、あくまで実践の中で今までになかったロッドを作り上げたという点から類似する竿が見当たらなくなったとも言えます。

軽いルアーを飛ばし、バイトを弾かないために曲がるように設計された先端のセクション。
追従しながらも適度な張りでフッキングやキャスティングを補助するベリー部のセクション。
6ft2inの時には必要以上に曲がらない強靭なバットとしての機能を持たせながらも、7.3ft Verでは重いルアーを背負って投げることのできるセクション。
7.3ft Verで追加するための硬く強く曲がらないセクション。
可変システムを成立させながらもそれぞれの仕事をきちんとさせる、このバランスをとる作業がとても大変でした。
トラセンスタッフが一同となって探り当てたパワーとアクションがプルクラ62Bには宿っています。


■ガイドセッティング

ガイドセッティングは最も拘った部分の1つです。
条件としては海外のゲームフィッシュとのファイトに耐えうるためPE3号+40ポンドラインがスムースに抜けること、ノーテンションでのフロロラインの使用時に糸の振動をガイドが拾えること、飛距離を落とさないこと。
これらを全て実現するバランスをとるのは非常に難しい点でした。

当然、リーダーの抜けを重視するならガイドの内径は大きくなくてはいけませんが、大きすぎるガイドだとフロロラインの振動を拾うことが出来ません。
また軽快さを出すためにはガイドは極限まで軽くする必要がありました。
そこでたどり着いたセッティングは先端から7つのガイドを最高級のチタントルザイトシングルフットガイドを採用することでした。

トルザイトガイドは同サイズ外形のSICガイドと比べて、内径が大きいというメリットがあります。
そしてフレームがチタンであるため、リーダー結束部の抜けをよくしながら軽快なフィーリングを出すことが出来ました。
またシングルフットにもこだわりがあり、軽量になるのはもちろんのことスレッドの巻く範囲を少なくすることでロッドのブランクス自体の性能を殺しません。
チタントルザイトを使用し、ガイド位置を微調整していく事で、結果的には想定の40ポンドを超えて、60ポンドリーダーまでもスムースに抜けることができ、なおかつフロロラインの振動を感じ取れるバランスにたどり着きました。
これによりハイスピードゲームからデッドスローゲームまであらゆる状況であらゆるラインを使用できるガイドセッティングが完成しました。


■グリップ・リールシート

プルクラ62BにはACSリールシートを採用しています。
パーミングがしやすいこのACSリールシートは様々なメリットが存在します。
6.2ft Verでトップウォータープラグやミノーを動かす場合、きっちり握りこめるため手首の可動範囲が広く、肘にグリップエンドを軽く当てるだけで驚くほど楽にアクションを入れることが出来ます。

プルクラ62Bの軽快なティップとの相性もすこぶるよいです。
また7.3ft Verにおいてはノーテンションにおける繊細な巻きにおいてリールに伝わる振動を掌で感じ取れるというメリットがあります。
ガイドとリールのレベルワインドに伝わるラインの振動はリールのサイドプレートに集約されます。
そのリールをきっちり握りこんでいるか、握りこんでいないかでは感じ取れる情報に雲泥の差が出るのです。
ACSのメリットを生かすためにはロープロ型のベイトリールをお勧めします。
もちろんクランクやスピナーベイトを投げる際は丸型リールも適応するシチュエーションもありますが、アクションを入れたり、ラインの振動を拾う釣りでは握りこめるロープロリールを使用してください。
きっとその快適さに驚くことでしょう。

当開発には、S社樹脂製ボディーのロープロファイルリールを好んで載せています。
特にラインの振動を拾う釣りにおいては樹脂製サイドプレートの振動の伝えやすさがプルクラ62Bでの釣りの感度をさらに高めてくれることでしょう。

またグリップの特徴としてはセパレートグリップを採用しており、軽快なアクションに一役買っています。
グリップ長は6.2ft verのアクション時には肘に充ててアクションしやすい長さ、7.3ft verの巻きの際にはエンドを脇に挟める長さに設定しています。

バランサーウェイトは自由に重さの調整が可能なので、リールやシチュエーションに応じて好みのバランスに設定してください。