【Avail/アベイル】マイクロキャストブレーキ Microcast Brake ALD15(シマノ 15アルデバラン50・14-15カルカッタコンクエスト100/100HG・16スコーピオン70対応)

【Avail/アベイル】マイクロキャストブレーキ Microcast Brake ALD15(シマノ 15アルデバラン50・14-15カルカッタコンクエスト100/100HG・16スコーピオン70対応)

販売価格: 3,000円(税別)

在庫あり
数量:
 商品紹介



15アルデバラン50・16スコーピオン70・14カルカッタコンクエスト100等のマイクロキャストスプールの各機種に対応するマグネットブレーキです。
スプール本体にブレーキユニットが付きませんので、スプール重量の増加を防ぎます。
より軽いルアーをキャストしたい場合はスプールの重量増加を抑えるためにマグネットブレーキとPEラインのコンビネーションがオススメです。

■材質

本体:ポリアセタール樹脂(ジュラコン)
Oリング:ニトリルゴム
磁石:ネオジム磁石 φ4×3

■自重

6.0g

■適合スプール

MicrocastSpool ALD1518TRI トラウトスペシャルモデル
MicrocastSpool ALD1532RI

Microcast Spool 16SCP7020RI
Microcast Spool 16SCP7040RI

Microcast Spool 14CNQ1024RI

 マグネットブレーキの取り付け方法

マグネットブレーキは、外部ダイアルを6にした時にスプールに接触しない位置に調整してご使用下さい。

シマノリールの外部ダイアルは、SVSインフィニティがよどみなく機能するために作られていますが、当然アベイル製マグネットブレーキでの機能を考慮しておりません。
そのため、正しく調整した際にもブレーキ目盛りの1や2の時にはほとんどブレーキが効かない状態となりますが、不良ではありません。
ブレーキの効く範囲内で調整してご使用下さい。


リール本体からサイドカバーを取り外し、フレームB受ケ組の3箇所に付いている固定ボルトを取り外します。
3箇所のうち外部ダイアルの対角に取り付けてある固定ボルトは他の2本より短いです。


取り外したフレームB受ケ組を裏返して、ダイアルを回しブレーキパイプギアを一番出た状態にします。
その後ダイアル中央の固定ボルトを取り外します。


ブレーキパイプギヤを裏側から押して取り外します。
ツメがネジ状の切れ込みに引っ掛かっているので、外れない場合はさらに回してパーツが出た状態にして下さい。


マグネットブレーキの内側に2箇所のツメと、外側にギザギザが切っていない部分が1箇所あります。
ギザギザが切っていない部分を写真の向きに合わせてツメを切れ目に入れてねじ込んで下さい。
一番奥までねじ込みます。


外部ダイアルの4が写真の位置に来るように、ダイアルを取り付けます。この時点で固定ボルトでダイアルを固定します。


ここまで来れば、後は組み立てるだけです。
フレームB受ケ組の3箇所を固定ボルトで固定します。


組み立てが終わったら、ブレーキの調整をします。
外部ダイアルを1の状態でメカニカルブレーキを調整します。
メカニカルブレーキはスプールを組み込んだ状態で、左右にカタカタしなくなったところから僅かに緩めた状態に調整します。


メカニカルブレーキの調整が終ったら、外部ダイアルを6に設定します。
この時点でブレーキがスプールに接触する場合は、ブレーキのマグネットを締め込み、スプールから離します。
接触しない場合は、接触するギリギリまでマグネットをゆるめ、スプールに近づけます。

※ラインを巻く前のブランキングモデルのスプールですと、外からブレーキの距離が見えますので調整が確実に出来ます。
この状態を基準にして、ブレーキの調整を行って下さい。

 Description



This item enables a magnetic brake system by installing on Avail spool ALD1518TRI, ALD1532RI.

 Compatibility

|Avail Microcast Spool

・ALD1518TRI
・ALD1532RI

 Instruction Manual

How to attach the magnet brake

Adjust the magnet brake not to touch the spool when you click the outside dial to 6.
It is natural that SHIMANO’s outside dial is not considered to be matched to Avail’s magnet brake system as SVS infinity is made to be functioned smoothly. Hence, when you adjust the brake dial correctly to 1 or 2, almost no brake is available. But, it is not defective. Adjust the brake function as long as it is available and use it.


Detach the side cover from the reel body and take 3 bolts from the Frame B set inside. 1 of 3 fixing bolt which is existed opposite side of outside dial is shorter than others.


Flip the detached frame B set, click the dial, then set the brake pipe condition gear at the peak position.


Push and take the brake pipe gear from the back side of the frame B set. As the gear tooth is caught in the screw shape cut, further clicking dial is required when it is difficult to remove it.


Avail magnet brake has 2 position of concavities and the point you can not find the gear tooth inside. Set the point you can not find the gear tooth like above photo, put the brake into the frame B set and screw in as far as it will go.


Attach the dial to the front side of the frame B set, click the dial until it goes to outside dial position 4. At this time, set the dial with fixing bolts.


From this point, assemble is only required. Fix the 3 points of the frame B set with fixing bolts.


After completion of assemble, adjust the brake with outside dial position 1. Adjust the mechanical brake after installing the spool, and loosen a bit from the position which spool does not wobbly from side to side.


After adjusting mechanical brake, click the outside dial to 6. If the brake touch to the spool, loosen the magnet of brake and separate it from the spool. If not, loosen the magnet and close the brake to the spool as possible as you can.

* In the case of branking (honeycomb) model spool before spooling line, it enables you to adjust the brake distance much more accurately from outside. Standardize this condition and adjust the brake.