HEDGEHOG STUDIO スプールベアリングリムーバー Type:G

HEDGEHOG STUDIO スプールベアリングリムーバー Type:G

販売価格: 1,000円(税別)

【レンタル】:
数量:
 プロダクトコンセプト

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

初回生産数は限定80個です。

今回の”タイプG”は毎ロット少量での生産になりますので、ネットのみでの限定販売となります。
また、ご使用できるスプールに制限がございますので、対応機種をよくお確かめの上、お買い求め下さいませ。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

スプールベアリングリムーバー”タイプG” は、ダイワ製のスプールに性能を特化させた、
グリップタイプのスプールシャフトピン抜き工具です。

スプールの側面に工具が一切触れない構造のため、
スプールにキズをつけることなく、安全に作業を行うことができます。

また、何台ものリールを作業するプロ向けの仕様になっていますので、
耐久性が高く、消耗部品となる先端のピンも手軽に交換できる仕組みになっています。

各部品は修理が可能ですので、本体価格は高価ですが、
長い目で見ると、ずっと愛用できるツールになっております。

専用品のため、ご使用できるスプールに限りがありますが、
”タイプR”と併用することで、より快適な整備作業が行えます。

 対応機種



ダイワ製スプールの軸の太さが3mmのスプールにご使用できます。

(一例)

・PX68 純正スプール
・PX68 SPR 純正スプール
・PX68 フィネススペシャルスプール
・プレッソ 純正スプール
・アルファスフィネスカスタム 純正スプール
・アルファスSV 純正スプール
・TDジリオンHLC 純正スプール
・TDジリオンJドリーム 純正スプール
・TDジリオンPEスペシャル 純正スプール
・SS AIR 純正スプール
・SS SV  純正スプール
・T3 AIR 純正スプール
・STEEZ SV 純正スプール
・STEEZ SV 103 スプール
・STEEZ SV 105 スプール
・STEEZ LTD SV 純正スプール
・STEEZ LTD SV TN 純正スプール
・凜牙SSS 純正スプール

・メガバス IP68/IP79 純正スプール


上記以外の軸の太さが5mmのスプールの場合、
もともと装着されている純正のスプールシャフトピンが固く圧入されているため、
”タイプG”ではピンを抜くことができません。

軸の太さが5mmのスプールの場合は、”タイプR”をご使用下さい。
(ピンを抜く力は、”タイプR”の方が”タイプG”よりも強力です。)

一度純正のスプールシャフトピンを抜いていただき、
HEDGEHOG STUDIO製のスプールシャフトピンに交換していただければ、
次回以降は”タイプG”でも簡単にピンを抜くことが可能です。

シマノやアブなど、ダイワ以外のスプールにもご使用できる場合がありますが、
シマノやアブの場合は、”タイプR”の方が使いやすくおすすめです。

 カラーラインナップ



・ブラック
・レッド
・サファイアブルー

 スプールベアリングリムーバーのレンタルもできます

試しに使ってみたいという方のために、リムーバーのレンタルも行っております。

【購入】 12,680円
【1週間レンタル】 1,000円(返却送料込み)


が選べます。
ご希望に合わせてお選び下さい。

HEDGEHOG STUDIO スプールベアリングリムーバー

※レンタル料にご返却時の送料も含まれております。
※使い終わりましたら商品付属の封筒に入れて郵便ポストに投函するだけで返却完了です。
※到着日より1週間以内に郵便ポストへの投函をお願い致します。
※レンタル用の工具はプロトタイプになります。(基本的な機能は製品版と一緒です。)

 使用方法

※取扱説明書はございませんので、下記手順をご覧下さい。



先端はピンが立っている方と平らな面がありますが、通常は平らな面を使用します。




スプールのピンに平らな面をセットします。




ギュッと握ると、ピンが押し出されます。
この時に抜けたピンが飛び跳ねることがありますので、注意して下さい。




途中まで抜けたピンは、指でつまむだけで簡単に抜けます。




後はお好みのベアリングに交換し、逆の手順でピンを取付して下さい。




HEDGEHOG STUDIO製のスプールシャフトピンに交換した後でしたら、
軸の太さが5mmのスプールでも簡単にピンを抜くことができます。
途中までの作業は同じですが、最後に指でつまんでもピンが抜けない場合は・・・。




写真の先端にピンが立っている方を使用します。




途中までピンが抜けたスプールに、リムーバーをセットして再度グリップをギュッと握ります。




簡単にピンを抜くことができました。

 解説動画

Spool Bearing Remover Type:G の紹介