【ZPI】 シマノ用 SSRC パワーゲーム ブラックカーボンハンドル 【92mm】 ※ノブなしモデル

【ZPI】 シマノ用 SSRC パワーゲーム ブラックカーボンハンドル 【92mm】 ※ノブなしモデル

販売価格: 8,500円(税別)

在庫わずか
数量:




■商品説明

イメージとリアルの接点
軽量・高剛性・高感度カーボンが、ラインの向こう側で起きる全てを写す

釣り人はルアーの着水と同時にラインの向こう側で起きるすべての変化に神経を集中する。ルアーのアクション、障害物へのコンタクト、水圧や水流の変化を指先で感じながらイメージを鮮明に描き出します。
その為には軽量である事は勿論、硬さと剛性も求められ、カーボン製である理由が此処に在ります。

■プロスタッフコラム

ZPIプロスタッフ JB TOP50プロ
福島 健プロ

・SSRC PGハンドル92mmカーボンハンドル
永年にわたりトーナメントシーンでSSRC PGハンドル92mmを使用してきましたが、絶大な信頼を持っています。
自分の釣りのスタイルでオールラウンドに使える長さは92mmですが、カバーの釣り・巻物の釣り・ベイトフィネスの釣り・全ての釣りにアジャストできる絶妙な長さです。
また軽量カーボンによる操作性と感度の高さは言うまでもありません。
バイトから取り込みまで一連の流れを無駄なくスムーズに行う事が一番重要と考えているので、リールでいうハンドルはとても重要なパーツなのです。
今では PGハンドルカーボンハンドル92mm以外のハンドルを使えないぐらい愛用しています。

なぜ 92mmにこだわるのか
・軽量カーボンによる操作性と感度
・ハンドルの長さによる巻きやすさと、巻き心地の軽さ
・フッキングした瞬間からハンドルを力強く巻ける。(巻き始めが強い、トルクがある)
・ファイト中など負荷が掛かっている時にもスムーズに巻く事ができる。
・極端に長過ぎない長さ。長過ぎるハンドルは巻取りの際や、ファイト中のやり取りでストレスを感じる。

実際に使っていて「デメリット」になる要素のない最高のハンドルです。皆さんにも是非使って頂きたいです。釣果に繋がりますよ。


・4mm厚カーボンプレートが創り出す、軽量・高感度・高剛性の世界
積層カーボン採用で徹底した軽量化を実現(業界初)
4mm厚のオートクレーブ製カーボンをペントルーフ断面にマシンカットし機能とデザインを両立させ、抜き穴を多角形にする等、応力の分散を図っています。
トップコートを廃してマットでレーシーな外観としました。
リールデザインに合せ、プレミアム感の溢れるプラチナカーボンを選択できる事も特徴のひとつです。

・フリクションを抑える為に、防錆オープンベアリングを採用
釣り人との最終的な接点となるノブに正確な情報伝達をする為には回転部分のフリクション(抵抗)を小さくする事が望まれます。
純正採用のグリスインベアリングに比べフリクションの小さいオープンベアリングの採用でハンドルにもたらされた情報を余す事無く釣り人に伝達します。
カーボンハンドルの感度を左右する重要な要素、それがノブベアリングです

・軽量オリジナルノブ採用、中空構造による軽量化で重量のバラつきを抑える
コルクを代表とする天然素材には固体重量のバラつきという弱点があり、表示の重量より重い場合も軽い場合もあります。
高強度と高精度を両立可能とする為にZPIでは中空構造を採用しました。
ワンサイズ大きめで握りやすい形状としながらも実質5gと超軽量ノブの水準をクリアしています。
※標準装備の樹脂ノブはマシンカットアルミノブS、グラフィックボーンノブ、バレルシェイプノブ、フラットノブS、BFCライトフィネスノブSDと互換性があります。

・リールシートから離れた重心、バランス、剛性、感度の向上
軽量化の進むベイトリールは新素材やギアのアルミ化によって大幅に軽量化されてきました。
確かにリール全体の軽量化はタックルの操作性を向上させます。
しかし、手のひらと一体になる様な操作感を実現する為には、リールの重心を何処に置くかが極めて重要です。
ベイトリールはハンドル側に重量物が集中するアンバランスな構造です。

ハンドルの軽量化は重心をリールセンターに近づけ、理想的なダイナミックバランスを作り出します。
更に板厚を4mmとしたカーボンプレートは大幅に強度UPされ、ビッグフィッシュを相手にしたストロングゲームにも余裕を持って臨めます。
剛性アップの効果で情報がよりリアルに伝えられ、感度の向上が実現しています。

リールの固定位置(リールシート)から最も遠い位置にあるのがハンドルです。
マスの集中化を狙って軽量化すると持ち重りが改善され扱い易さが向上します。